TRPG DragonEyes Website


DragonEyesの第3期ライブイベント「三都物語」の記事です。
【三都物語】
三都物語-地図

【オープニング】
デスカルソ & サイラス & アルクィン
 手前からデスカルソ、サイラス、アルクィン

 その昔、一つの王国があったという。その王国はひとときの間大いに栄え、周りの国々から羨望の目を向けられるほどであった。現在その名を知る者はいないが、栄華を極めた彼らの言い伝えが今でも多く残されている。
 だが歴史に残る偉大なこの王国にも、一つの影の時代が在ったことはあまり知られていない。これはかの時代に生きた、名のなき英雄達の物語である....

 あるとき、先代の王が三人の子供を残して死んでしまったことがあった。その後王国はその子供らによって分割される。兄のデスカルソは北にオドレー帝国を、姉のアルクィンは西にライカース王国を、そして弟のサイラスは東にロガーン王国を建てた。兄弟の仲が決して良くない彼らではあったが、しばらくの間は、そこそこにうまくやっていたという。

 しかしここ数年の間に、巷には「王国滅亡の予言」が流れるようになると、三つの王国はにわかに慌ただしい動きを見せるようになった。その王国に残る伝承によると「異界の者達が現れ、地上の人間を滅ぼし尽くす」日は近いのだという。

 兄のデスカルソは笑い飛ばして

「は!はは! おもしろい! なんなら奴等ごと片づけて見せようか?」 

 などと言うが、姉のアルクィンは気が気ではない。
 太古の時代、一度王国は異世界の住人から侵略を受けたという史実を知っていたためである。長く激しい戦いの末、三つの祭器を神に捧げることで異世界へ通じる「厄災の扉」を封じたのだという。
 魔術に明るい彼女は事の深刻さに頭を抱えた。

「一刻も早く弟2人を説得して祭器を集めなくては!」

 一方、王国は南北東西から異民族の侵入にさらされてもいた。
 弟のサイラスはその予言は蛮族共の事ではないかと、上の兄弟達に毒づいてみせる。

「せめて国が一つにまとまれば・・・  愚かな兄と臆病な姉に、この状況をまかすわけにはいかぬよ」


 かくして戦の火蓋は切って落とされた!

三都物語のシステム

>> トップページ > ライブイベント > 三都物語
トップページ | 告知情報 | 運営報告 | ご挨拶 | コンベンション広告 | オリジナルTRPGシステム | ライブイベント | マルチテーブルイベント | DragonEyesBBS | マスター予告帳 | DragonEyes関連リンク | TRPG関連リンク | TRPGシステムリンク |