TRPG DragonEyes Website



→マスター予告帳の使い方
 マスター予告帳 

Name:
Title:


k.i.s.
ふう、【エッジ】がなければ即死だった。それはさておき、シナリオの概要です。
今回のシナリオは、シナリオ集『スプロール・ワイルド』に収録されたものです。ただしコンベンションであることを踏まえて、所要時間短縮のために内容の一部を改変しています。

シアトルの地下に広がる旧市街「オーク・アンダーグラウンド」。非人間種族の安息の地であり、観光地であり、犯罪の温床でもあるこの地区の政治的地位は曖昧だ。先日、オーク・アンダーグラウンドを正式に行政区画とする法案が可決されたが、未だ反対意見も根強く、市の世論は割れている。
依頼を受けてオーク・アンダーグラウンドを訪れたランナーは、ここで何を見、何を選ぶのか。そして、生きてその選択の結果を見届けることができるのか。次の市長選を見据え、政治の季節に入ったシアトルに、歴史的転換点が訪れる。

シナリオタイトル「アッシュ/ASHES」。よろしくお願いします。

以下、業務連絡。
・想定プレイヤー人数は2〜4名。使うダイスは6面体がたくさん。得意分野では20個近く振ることもあります。何度かに分けて振ってもいいので、必ずしも大量に用意する必要はないのですが、それでも10個くらいはあったほうが判定がスムーズに進むかと思います。持っていない人には、一応、私が貸し出すことは可能です。ただし、私のダイスを使うと出目が腐るという風説を、多くの人が信じています(私自身を含めて)。
・遺憾ながら、当日のキャラ作成は許可しません(とても時間がかかるので)。私が事前に作成したキャラクター、あるいはルールブック掲載のアーキタイプ「ストリート・サムライ」「コンバットメイジ」「ガンスリンガー・アデプト」「タンク」(の数値上の問題点を私が修正したデータ)の中から選んでいただきます。
・自作キャラの持ち込みは基本的にご遠慮願いたいのですが、まあ「私がチェックして許可すれば(=私が扱いきれるデータ、設定であれば)」「そして他のプレイヤーさんが了承すれば」ということで。

それからみんな、10月の会場はメートプラザ佐賀・研修室だ、間違えんなよ! 俺もな!
2019/10/12(Sat)23:12 [264]

シャドウラン第5版(その1) / k.i.s.
『背中に気をつけろ! ためらわず撃て! 弾を切らすな! ドラゴンには絶対関わるな!』
人体改造、拡張/仮想現実、世界規模のネットワーク。最新テクノロジーに溢れた世界に“魔法”が蘇った! 銃・魔法・テクノロジー、そして己の頭脳を駆使して、驚異と危険に満ちた、都会の影を駆け抜けろ!!(「シャドウラン 5th Edition」帯より)

はい、「シャドウラン第5版」のGMやりますよー。殺ぁってやるぜ!(違) まずは「シャドウラン」について簡単にご紹介。
シャドウランは、現実と地続きの近未来を舞台としたサイバーパンクRPGです。ただし「魔法」や「異種族」が存在します。西暦2011年12月24日(もう8年前だ)、マヤ暦の一巡と共に世界の様相が変化し、魔力が復活した結果こんなことになっちゃいました。潜在的な遺伝形質が魔力によって〈覚醒〉し、人間から異種族が生まれ(エルフ、ドワーフ)、あるいは異種族に変化した(オーク、トロール)のです。これは人間以外の動植物も同じで、例えば……いえ、何でもありません。ストリートの警句、「ドラゴンには絶対関わるな」。
〈覚醒〉から60年余りが経過した西暦2075年、世界は「巨大企業が支配するディストピア」という古典的なサイバーパンクの世界観を踏襲しつつも、「科学技術と魔法」「人間と非人間知性体(精霊・AIなど非生命体を含む)」が共存(時に対立)するという混沌とした状況にあります。そんな世界で、体制の支配に反発し、個の自由と尊厳を求めて生きるダークヒーローが「シャドウランナー」であり、彼らの(主に非合法な)活動が「シャドウラン」なのです。
#秩序への反抗がサイバーパンクの原点である以上、極めて非人道的な活動(テロなど)が「シャドウラン」の定義に含まれることも、参加者の合意の上でそういうシナリオを遊ぶことも否定はしません。が、私がGMの時にはやりません。趣味じゃないんで。
「要するにB級ハリウッドアクション?」と思ったあなた、大体合ってます。身体改造したエルフニンジャが腕に内蔵のサブマシンガンで邪悪なサラリーマン魔術師と戦う程度は日常茶飯事です。だがドラゴンには関わるな――ドラゴンにとって、自分の機嫌を損ねた奴の名前を記したブラックリストは、同時にランチメニューでもあるそうで。怖い怖――(映像はここで途切れている)。
2019/10/12(Sat)23:11 [263]

やらねばならぬ、R-TYPERとして。 / HEXAGRAM
久し振りにGMやろうかと思います。

同人システム、「R-TYPE TRPG」。

「横スクロールシューティングゲーム御三家」の内の一つ、「R-TYPE」。
その長い歴史(初代アーケードゲーム版が世に出たのが1987年!)の中、PSPのシミュレーションゲームとして登場した「R-TYPE TACTICS」をベースとしたウォーシミュレーションTRPGとなっております。

R-TYPEの設定やら何やらはwikipedia辺りを参照してください。ここに書き込もうとして挫折する程度には量が多いんで。

何せ当方も回すの初めてなモノで、PLの皆様にはご迷惑お掛けするかもしれませんが、どうか御容赦の程を。
取り敢えず「地球連合軍の新兵一同で戦闘シミュレーションを行ってもらう」というシナリオで行きたいと思います。どぞよろしく。
2019/10/07(Mon)20:01 [262]

アリアンロッド / MAL 
パーフェクトエネミーガイドを購入したのでランダムダンジョンをしようかと思っています
成長し易いように経験値とトレジャーを倍にして、ガンガン廻してみようかと思っています
よろしければルールブック等がある方は持ってきてもらえると助かります
2019/09/28(Sat)17:43 [261]

獸の森 / K10
いま、自分は〈仮面〉を手に〈森〉へと降り立つ。
〈仮面〉は現実と異世界である〈森〉との往き来「界渡り」を可能にしてくれる。
〈森〉の誘惑は麻薬の如く、〈仮面〉によってもたらされる「貌力(ぼうりょく)」は強大な力と共に現実との〈絆〉を蝕んでいく。

〈仮面〉はその人だけのものだ。その人の精神にふさわしい貌を持って贈られる。
その見た目に関わらず貌には、憤怒、後悔、欲望、不安、崇拝、抑制の6つの傾向があり、それぞれが3系統の「貌力」を持つ。
最初は1系統の「貌力」だけだが、経験を積むことによって〈仮面〉を成長させれば・・・?

〈森〉へと「界渡り」しても自分は自分のままだ。腹もへるし疲れるし眠くもなる。当然怪我もするし、下手すりゃ死んじまう。
〈仮面〉がもたらすのはちょっとした「理解」と「界渡り」、そして一時的な超常の力「貌力」だ。スーパーマンにはならない。
だが現実は持ち込める。得物を、道具を、食い物を。まあ、自分の財布と相談だし、手荷物程度くらいの量が限度だ。あとは知恵と現地調達でなんとかしろ。

もちろん〈森〉には他の人もいる。〈森〉の中には守り木っていうセーブポイントみたいなところが幾つかあって、そこにちょっとしたコミュニティが出来上がっている。管理人やら商人やら観光客やらいろいろだ。商人の中にはヤバい物を持ち込んでるのもいる・・・銃とか。
「貌力」を持つ連中はここでちょっとしたおつかいやもの探し、護衛なんかの仕事を引き受けて小銭を稼いで、装備なんかを整える。この辺はRPGみたいなもんだ。

まだ、他にも大事な話があるんだが・・・今日はこの辺で。


ってな感じなゲームです。キャラメイクの参考になればいいな、と思いながら四苦八苦して書きました(書き込み時間の差で察しろ!)。長くてすんません。
希望人数は三〜四人、出来れば四人フルでw
あと、d12持ってる人、貸してもらえるとありがたいです。
2019/09/26(Thu)02:41 [260]

8/11 マスター予告  / 雷電
前回、お邪魔させていただきました雷電です
会場であたたかく迎えていただき、ありがとうございました
次も来て欲しいと勝手にラブコールいただいたと思いましたので、今月も参加予定です
もちろん、トーグリヴァイスドのシナリオで参加します
下にあるシナリオはもちろん持っていきますが、前回参加していただいた方がまた参加したい!と希望された時用に、別シナリオも準備してます
その予告になります
TORG初版に付属していたシナリオのリヴァイスド対応シナリオとなります

【予告】
地球は狙われている。
3ヶ月前、嵐と共に侵略者が現れた。

世界の彼方此方で、不可思議な事件が勃発する。
狼男や吸血鬼が人々を恐怖に陥れ、空にはドラゴンが舞う。
ネットの世界に神が降臨したかと思えば、エジプトではファラオが復活した。
アメリカでは恐竜が跳梁跋扈する広大なジャングルが広がる。

そして、遂には地球の自転そのものが止まってしまった。
このままでは、陽の登らない土地は凍てつき、太陽に照らされた土地は逆に干上がってしまう。

世界の秩序を取り戻すために、立ち上がったヒーローたちが現れた。
その名は、ストームナイト。
嵐と共に現れる彼らの正体は、そう、キミたちだ。
地球を元に戻すには、キミたちの可能性に掛かっている。

TORG Role Playing The Possibility Wars
「Re:夜明け前」

明日か、それとも来週か。――否、これは限りなくいまから起こる、未来の物語。

PC-1
覚醒した運動家「コアアース」(スポーツ選手です)

PC-2
お庭番忍者「ニッポンテック」(変身)

PC-3
名誉の聖騎士「アイル」

PC-4
閃く吸血鬼ハンター「オーロシュ」(変身)

PC-5
復讐のエディーノス「リビングランド」
2019/08/08(Thu)09:51 [259]

7/14 マスター予告 / 雷電
宮崎より、TORGリヴァイスドの普及に参加させていただこうと予定しています
よろしくお願いします

予告トレーラー
世界は狙われている!
イギリスでは空をドラゴンが飛び、アメリカでは恐竜とトカゲ人が現れ、東南アジアでは恐ろしい化け物が跋扈している
世界が危機に見舞われたその時、日本から食文化の危機への警鐘が鳴らされた
「世界の危機は食文化の危機でもある、人類の偉大な遺産を消してはいけない!」
その飛びかけに賛同して集まったプレイヤーたち
他のTRPGではなかなか経験できない、食を扱ったシナリオになります
「食」の力で世界を救おう!
シナリオ「グルメツアー、食は世界救う!」
ご期待ください

シナリオ:TORGリヴァイスド
人数:3〜5(最大7人まで対応可能:TORG初心者大歓迎)
シナリオモチーフ作品
「だがしかし」「美味しんぼ」「孤独のグルメ」「JOJOの奇妙な冒険4部」
「クッキングパパ」「トリコ」「食戟のソーマ」「ダンジョン飯」
「ゴールデンカムイ」「鉄鍋のジャン!」「ONE PICE」「焼きたて!!ジャぱん」
「ラーメン大好き小泉さん」「中華!一番」「異世界食堂」
「包丁人味平」「ミスター味っ子」「アンパンマン」
2019/07/07(Sun)21:53 [258]

訂正 / タカオ
6/19でなく6/16です。申し訳ない。
2019/06/04(Tue)21:29 [257]

6/19マスター予告 / タカオ
先月流れましたが、懲りずにダイスオブザデッドでゾンビランドサガを立てようと思います。
ダイスオブザデッドは協力ゲーム+人狼要素の入ったギリギリのサバイバルをするゲームなのですが、ゾンビランドサガで仲間を吊るのは合わないのでさっくりカットし、協力ゲーム的なものにルールを改変、シナリオもPCはフランシュシュのメンバーになって他のアイドルグループとライブ対決をするというアイドルらしいものになっております。
参加人数は3〜6人ですが、多い方がいいです。正直言うと6人欲しい。

「俺が巽幸太郎をやるから、お前らのフランシュシュを見せてみろ!」

…という感じなのでアニメを見てない人には厳しい卓になりますが、いろいろネタとか仕込んでるのでわかる人は楽しんでもらえると思います。
2019/06/04(Tue)21:28 [256]

迷宮キングダム / k.i.s.
『迷宮はみんなのものッ!』
海も空も大地も、なにもかもが迷宮に変わってしまった世界で、あなたは国を大きくできるのか!? 自分の国や民を守るため、国王や大臣、騎士といった王国の支配者となり、迷宮を冒険しよう! 迷宮探索と王国経営を一緒に楽しめる、ちょっとおかしなファンタジーTRPGが、フルカラーで堂々登場!(「迷宮キングダム 基本ルールブック」帯より)

「迷宮キングダム」のGMやります。小道具の準備から解放された今、もう何も怖くない。ごめん嘘。ランダム表怖いです。
果てしなく広がる百万迷宮[エンドレスダンジョン]が、人間の知りうる世界の全てです。罠や怪物などの危険に満ちた迷宮で、人々は明日をも知れぬ暮らしを送っています。そんな人々の希望となるのが、「ランドメイカー」と呼ばれる英雄たちです。民はランドメイカーの下に集い、「王国」と呼ばれるコミュニティを形成しています。ランドメイカーは王国を統治し、民と国を守るために迷宮に挑むのです。
「迷宮キングダム」は、ランドメイカーの物語です。

今回のシナリオは、百万迷宮に生息するモンスターの驚異(脅威)を前面に押し出すことで、まよキンの特異な世界設定を感じていただこうと考えています。いや、前回前々回とPCにボッコボコにやられた腹いせとかではありませんよ? ありませんってば。
近隣の同盟国「連合自由国」の民が、保護を求めてPCの王国を訪れます。凶暴な猿軍団に襲撃され、国が混乱に陥っているというのです。「お隣さん」の境遇に同情し、あるいは「明日は我が身」と心配する自国の民の求めに応え、PCは援軍という名の猿退治に向かいます。PCの王国の【武器庫(P133)】には、建国王が多くの敵を屠ったという特別な武器が収蔵されており、PCは望むならこれを持ち出すこともできます。が、「蛍」の名を冠するその武器は、使いこなすためにある種の資質が必要で……。
シナリオタイトル「猿の恐怖/Ape Fear」。よろしくお願いします。

以下、セッションの実施要綱です。
・想定プレイヤー人数は3〜5名。使うサイコロは6面体が2〜5個くらい。
・作成直後の王国、PCを対象にしたシナリオです。手順に従い王国、PCを作成してもらうつもりですが、PCに関してはサンプルキャラも用意します。
・キャラの持ち込みについては、「応相談」ということで。
2019/05/26(Sun)00:05 [255]




トップページ | 告知情報 | 運営報告 | ご挨拶 | コンベンション広告 | オリジナルTRPGシステム | ライブイベント | マルチテーブルイベント | DragonEyesBBS | マスター予告帳 | DragonEyes関連リンク | TRPG関連リンク | TRPGシステムリンク |